Home>>>自分でホームページを作る方法
ホームページを自分で作る方法トップ画像
Contents

ざっくばらんに書いていきます。

ホームページを自分で作る方法

先に結論

最後まで読むのが面倒な人のために

先に『ホームページを自分で作る方法』についての結論を書きます。

  1. まず、自分で出来そうか考えてみる。
  2. ホームページ作りには『向き』『不向き』がある。
  3. パソコンとかITとか、苦手な人は『向いてない』かも
  4. いずれにしても、初心者は学習や練習に『時間』というコストがかかる
  5. 苦手な人は業者に頼んだほうが『コスト』がかからない。
  6. 自分でやりたい人は、ネットで情報を集めましょう。
  7. とにかく文字を読んで理解してください。
  8. ホームページの知識が無料で手に入る、おすすめサイト(※)を紹介します。
  9. ホームページを無料で作れるサービス(※)や、エディタ(※)を紹介します。

『向き』『不向き』が分かるかもしれない、炎のIT・インターネット適正診断はこちら↓

適正診断 開始!

※おすすめサイト

MDN Web Docs
詳細はwikiで。 超ざっくり説明すると、インターネットをいいものにしていこうと 日々頑張ってるアメリカの企業のやってる、初心者も学べるサイト。
w3schools.com
詳細はwikiで。 ルウェーの会社がやってるらしい。オンラインエディタでソースコードを実際に動かせる。
HTMLクイックリファレンス
HTMLクイックリファレンスについて タグで分からなくなったら、いつもこちらにお世話になってます。本当に素晴らしいサイト。 ホームページを作るだけなら、こちらのサイトだけで良いかもしれない。

※ホームページを無料で作れるサービス

wix.com
詳細はwikiで。 知識が無くてもホームページが作れちゃう。月額製もあり。機能も充実。デザインはあんまり選べない。
jimdo.com
wixと同じように、知識が無くてもホームページが作れちゃう。2015年10月日本国内でのJimdoサイトが100万サイト達成らしい。 たいしたもんです。
アメーバオウンド
アメーバブログがやってるホームページ作成サービス。
WordPress
有名なCMS 他のサービスと同じようにサーバーとサイトを作るツールがパッケージになって 月額製で利用できる。

※エディタ

atom
GitHubが開発したオープンソースのテキストエディタ。いつもお世話になってます。

「もう、読むのがめんどくせー」
という人は、そっとページを閉じてください。

戻る

大丈夫です。とりあえず結論は書きました。

読むのが面倒じゃない人は、もうしばらくお付き合いください。

自分で作る気マンマンの人も、読み進めてもらえると、役に立つ事が書いてあるかもしれません。

では、進めていきます。

大前提として、まず自分で作れそうかどうか。
「やれんのか、おい!」

ホームページを自分で作ろうと思う理由は何でしょうか?

  1. なんか面白そうだし、やってみたいから
  2. お金を掛けたくないから。自分でやればコストを抑えられるから。

だいたいこの二つなんじゃないでしょうか。

で、1の場合でも2の場合でも。がんばって自分で調べれば何とかなります。 ブックオフには専門書が安く売ってますし、ネットを調べればゴロゴロ情報が転がっています。

ネットの事(ホームページやそれらに関わるあらゆる情報)は、ほとんどネットで調べられます。

本やネットを駆使して、調べて、ホームページを自分で作れそうでしょうか?

「不安だな~」

「自信があるわ!」

どうでしょうか・・・

しかし、人には『向き・不向き』があります。

面白そうだと思ってやってみても、「全然分からん」となる人もいます。

面倒だけど、自分でやればコストが抑えられると思って作り始めて、「なんか楽しい」となる人もいます。

人にはそれぞれ『向き・不向き』があります。

向いてない人はやらない方が良いかもしれない。

自分でやれば何だって無料でできますが、はっきり言って時間がかかります。

「全然分からん」となった人にとっては、苦行以外の何者でもないです。

向いてない人はやらない方が良いかもしれません。すんげー時間がかかるし、途中で投げ出したら 費やした時間が全て無駄になります。

基本的にパソコンやITが苦手という方は、まずパソコンやITの使い方から覚えなければなりません。

そういう人は、『向いてない』可能性が大です。

コストはお金だけじゃない

「面白そうだから」でホームページを作る人は良いんですが、 「コストを抑えたいから」でホームページを作る人は、 お金以外でコストが掛かってることに気づいていますか?

コストはお金だけじゃないです。

最大のコストは『時間』です。

『時間』という最大のコストは無視できません。

例え話:A君とB君
どちらがコストが掛かっているのでしょうか?

例えば・・・パソコンが苦手なA君とB君がいて、二人ともホームページが欲しかったとします。

パソコンが苦手なA君は、3ヶ月かけて、初心者へっぽこホームページを作ったとします。

B君は業者に頼んで、ちゃんとしたホームページを作ってもらいました。

  • A君は初心者だったので、1ヶ月目はプログラミングスクールに通ったり、本をたくさん買ったり、 自分の仕事はそっちのけでホームページだけに『時間』を費やしました。その間、働いていなかったので、 収入は0でした。それどころか、スクールの費用や本を買うのに、結構お金を使いました。
  • B君は業者に頼んだので、ホームページが納品されるまでの間も、いつもどおりの『時間』を過ごしました。 仕事では事業の拡大などに力を注いだり、休日は彼女と旅行に行ったり、楽しい時間を過ごしました。 いつも通りの収入もありました。 B君はいつもの収入の中から、ホームページの代金を業者に支払いました。

これは、どちらがコストが掛かっているのでしょうか?

何が良いかを決めるのは自分です。

私はどちらも良いと思います。どちらも別のコストを掛けて、別のものを手に入れています。

A君はへっぽこでもホームページを自分で作ったから偉いと思います。出来る事がちょっと増えて、成長しました。

B君はいつもどおりの収入を得たり、余計な事(ホームページ作り)に『時間』をとられなかったから賢いと思います。

人はそれぞれ、『状況』が違います。さらに、『向き・不向き』もあります。

自分の『状況』(金銭・時間など)や自分の『向き・不向き』を良く考えて・・・

何が良いかを決めるのは自分です。

ホームページを自分で作る方法

ここまでをおさらいをします。

  • 初心者はホームページを自分で作るは大変です。
  • 向いてない人には苦行です。
  • 自分でできれば無料で出来ます。
  • 『時間』もコストです。
  • 自分で出来そうか?がネック

以上を踏まえた上で、ホームページを自分で作る方法をお教えします。

ネットで知識も、開発環境も手に入れよう。

ネット上には、素晴らしいサイトが沢山あります。

ネット上には、素晴らしい開発環境ソフトも無料でダウンロードさせてくれるサイトがあります。

初心者がホームページを作るうえで

必要なものは、ほぼ全てネットで手に入ります。

覚えたり練習する手間は発生します。

ネットから必要な情報等を探してくる手間や

学習したり練習したりする手間は当然発生します。

それをコストと考えるか、他のコストを抑えるための代償とするかは・・・

人それぞれ違います。

その手間を惜しむようでしたら、自分でホームページを作る事は出来ません。
『状況が悪い』『向いてない』『不向き』だと思って諦めた方が良いかも知れません。

そういう人は、B君のように業者に頼んで、他の『時間』を過ごしたほうが、 はるかに生産性が高いです。

自分で調べて、自分で作りたいぜ!

お待たせしました。「でも俺は自分でやるぜ!」「私は自分で作りたいわ!」と、 面倒くさそうなことでも「ワクワクすっぞ!」という方へ、このページの最後に、 間違いなくあなたの参考になる、素晴らしいサイト様をご紹介します。

良い師匠(情報)を見つけて、そこから学び取りましょう。

インターネットは集団的知性の結晶です。

よりよい知識や情報を見つけ出して、それを真似してパクって、自分のものにしてください。

ちなみに、私自身のホームページ作成の知識や技術は、ここでは紹介しません。

なぜなら、ネット上には長年をかけて先人たちによって作られた、

ホームページの知識を教えてくれる素晴らしいサイトが、すでに存在するからです。

今更私が、ホームページの知識や技術のページを作って、ネット上に公開したところで

それはまるで、

これからタピオカ激戦区に新規参入して、メニューの少ない小さな店で、いまさら何の変哲も無い、 ノーマルなタピオカミルクティー売るようなもんです。

誰も買わねえっつの。有名店で行列して写真とってインスタにアップするっつの。

つーか、タピオカ今から始めるの遅くね?(ギャル)

あなたは、ネットの大先輩方のすばらしいサイトを参考にして、ホームページを作ったほうが 絶対に良いものが作れるはずです。

大切なのは、良質な情報かどうかを判断する力

インターネットの世界では、石を投げれば数多の『ホームページ作り方』という情報に ヒットします。

ヒットした情報はもしかしたら、(勧誘目的の)プログラミングスクールが、 ライターを雇って書かせた量産型の記事だったり、 (アフィリエイト目的の)ブログの記事かも知れません。

それらが良いか悪いかは、あなたが判断してください。

ホームページの知識を得るために
とりあえず、ココは間違いないだろうという、サイトをご紹介します。

「大切なのは、良質な情報かどうかを判断する力だから!」

「自分で探してね。じゃ!」

これでは、このページは価値の無いクズページです。

大丈夫です。

私がお勧めする、非常に良質な情報を提供してくれる、素晴らしいサイトを、ちゃーんとご紹介します。

絶対に間違いない、良質な無料のサイトです。

世界中の開発者が利用しているサイトだったりしますから、信頼性抜群です。

良質なサイトも、読まないと意味が無い。

ちなみに、ココまでこの記事を読んでくれた、あなただけに、こっそり教えますが・・・

ココまで読み進めずに、結論だけ読んでページを閉じちゃった人。

つまり・・・

文章を読むのが嫌いな人は、ホームページを作るのが『向いてない』可能性大です。

私に文章力が無くて、このヘタクソな記事を読むに耐えなくて、ココまで読み進められなかったという方も

確かにいるでしょうけども・・・

「文字!読みたくなーい!」

「説明書!必要なーい!」

私もそうです。

でもこれだと、新しい知識を覚えられないんですよ。

ましてや、ホームページなんて文字ばっかりです。

ページの文字の色、図形の配置や大きさの指定は、実は全部文字で打ち込むんです。

インターネットは文字の世界なんです。

説明書とか、とにかく文字を読まなきゃ、やってられないわけです。

超面倒くさいです。

とにかく文字を読んで理解してください。良質なサイトも、読まないと意味が無いです。

最初に結論で、すでにご紹介しましたが、再度ご紹介します。

本当に、ちゃんとした情報を提供してくれるサイトです。

大変でしょうけど、全部覚えちゃえば、自分で自由自在にホームページが作れるようになります。

しかも、無料です。素晴らしい。

MDN Web Docs
詳細はwikiで。 超ざっくり説明すると、インターネットをいいものにしていこうと 日々頑張ってるアメリカの企業のやってる、初心者も学べるサイト。
w3schools.com
詳細はwikiで。 ルウェーの会社がやってるらしい。オンラインエディタでソースコードを実際に動かせる。
HTMLクイックリファレンス
HTMLクイックリファレンスについて タグで分からなくなったら、いつもこちらにお世話になってます。本当に素晴らしいサイト。 ホームページを作るだけなら、こちらのサイトだけで良いかもしれない。

自分でホームページを作りたい人は、ぜひ参考にして下さい。

レッツ!ホームページ!

他にもホームページを作る方法はあります。

『知識無しでホームページが作れるウェブサイト』や『サービス』がそれです。

そっちもココでご紹介します。

wix.com
詳細はwikiで。 知識が無くてもホームページが作れちゃう。月額製もあり。機能も充実。デザインはあんまり選べない。
jimdo.com
wixと同じように、知識が無くてもホームページが作れちゃう。2015年10月日本国内でのJimdoサイトが100万サイト達成らしい。 たいしたもんです。
アメーバオウンド
アメーバブログがやってるホームページ作成サービス。
WordPress
有名なCMS 他のサービスと同じようにサーバーとサイトを作るツールがパッケージになって 月額製で利用できる。

大事な事を忘れてました。

ホームページのソースコードを書くために、便利なエディタを紹介します。

もちろん無料です。

atom
GitHubが開発したオープンソースのテキストエディタ。いつもお世話になってます。

これであなたも、ホームページが作れます。

今回紹介したサイトやツールを使えば、すぐにでもホームページを自分で作ることが出来ます。

あとはやる気次第です。

私は、ホームページ作りますって仕事をしておいて、こんな事言うのもなんですが・・・

やってみるときっと面白いと思います。

自分の好きにサイトを作れると、やっぱり楽しいし愛着も沸きます。

サイトが出来たら、google等を使って、自分のお店などを地図に表示してもらう登録をしましょう。

LINEアプリで、お店のアカウントを作ったりも出来るでしょう。

夢は広がります。

でも、こういう分野が苦手な人にとっては、とことん苦痛かもしれません。

そんな時は、誰かに頼んだほうが、早いし楽ではないでしょうか。

例えば、当社 hp163 website creation に依頼してみるとか・・・

そーです。宣伝です。

お問い合わせお待ちしております。

お問い合わせ

※このページの内容は私の個人的な意見です。情報の正確性や成果などを保障するものではありません。

戻る

広告